ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

地裁は土屋アンナ勝利-ゼファルリン23日

2016-01-26

ゼファルリン23日目のペニス
ペニスの全長11.9㌢
亀頭の周長11.8㌢

今日調べるのは「黒胡椒抽出物」。黒胡椒って、あの黒胡椒なのだろうか。普通の胡椒よりちょっとおしゃれな、あの黒胡椒なのだろうか。まさか…な?

黒胡椒とは、胡椒の実が完熟する前に長時間乾燥させたもので、鋭利な辛味があることから肉料理に欠かせない存在で、キッチンにあるとオシャレなスパイスだ。
その成分はピペリン。
ピペリンには特殊な能力があり、同時に摂取した成分の血中濃度を高める働きがあるんだそう。簡単にいうと、一緒に食べた物の成分の吸収率を高めてくれるということ。
これにより、薬やサプリメントなどを効率的に吸収できるという作用が生まれる。さらに食欲も増進する働きがある。ダイエットには不向きか?
しかしエネルギー代謝は向上するため、食欲さえ我慢できれば、ダイエットに向いた物質と考えることもできる。

ピペリンには吸収効率を上げる作用だけでなく、血管を拡張して血流を改善する働きもある。
さらにアドレナリンの分泌を促進する作用もあるため、筋肉などへの血流が増加する。この作用こそがペニス増大に一役買う効果だと考えられる。そして血流改善だけでなく、ゼファルリンに含まれるその他多くの物質の吸収効率を上昇させることにより、ペニス増大をより確実なものとする狙いがあると考えられる。

地裁は土屋アンナ勝利

地裁は土屋アンナ勝利

土屋アンナと甲斐智陽のいざこざが一つの結果を得た。
昨日東京地裁は甲斐氏の主張を退け、甲斐氏に33万円の支払を命じる判決を下した。土屋アンナの完全勝利だ。

この二人の争いが話題になった当初、オレは確実に土屋アンナが負けるだろうと思っていた。お恥ずかしい。

というのも、今日の裁判までのテレビの報道は甲斐氏の言い分が強調され、土屋アンナの言い分についてはあまり報道されていなかったようの思う。もしかしたら俺が見たタイミングがそうであっただけなのかもしれないが。

俺が得ていた情報は甲斐氏の言い分が全てで、「土屋アンナが予定していた舞台の稽古をサボリ、その結果舞台は中止に追いやられた。だから3000万円の損害賠償請求をする」という、甲斐氏の言い分はまっとうなものだった。

そのさなか土屋アンナも甲斐氏を訴えた。
彼女が甲斐氏の何に対して訴えたのかというと、裁判中に甲斐氏が作詞作曲をした「ANNA」という曲が、自身を侮辱している内容だということで名誉毀損として訴えた。

この2つの情報が全てだった。
甲斐氏の言い分が真か偽かは当事者や関係者にしか分からないことだが、公演が中止になった事実だけは間違いない。そしてその裁判のさなかに土屋アンナが反撃とばかりに甲斐氏を訴えた。
しかしANNAの歌詞の内容が土屋アンナのことだとは一切言っておらず、「ANNA」という言葉を使ってはいるものの、それが土屋アンナのことととらえるにはこの騒動を知っているかいないかでかなり判断が分かれる。

土屋アンナという名前を使っていない以上、それが名誉毀損とするにはかなり無理があるように感じた。

しかし蓋を開けてみればどうだろう。
甲斐氏の言い分は確かにその通りだったのだが、そもそもなぜ土屋アンナが舞台をボイコットしたのか、ここに争点があり、それが今回の騒動の根本だったのだ。

甲斐氏演出、土屋アンナ主演の舞台「誓い~奇跡のシンガー~」は、濱田朝美氏原作の作品だ。甲斐氏はこの作品を舞台化するにあたり、原作者濱田朝美氏に許可を取っていなかった。つまり勝手に他人の作品を舞台化しようとしたわけだ。
原作者が勝手に舞台化されることを知り、土屋アンナにその旨を伝える。連絡を受けた土屋アンナは、舞台制作サイドに原作者への許可などの権利関係の筋を通すように伝え、それが完了するまではこの仕事を請けないと宣言する。
そしてそれに激怒し、既に経費が掛かっていた甲斐氏が土屋アンナを訴え、さらにはANNAという曲も作ったということだ。

これは明らかに甲斐氏の不手際が原因の騒動だし、逆に土屋アンナが行動を起こさなければ甲斐氏は原作者に訴えられていたのではないだろうか。盗作とかになるのか?
非常に筋の通った男気ある土屋氏の判断、行動は賞賛に値する。土屋のアニキと呼ばせていただきたい。

そういう経緯があり、甲斐氏の訴えは棄却されたのは当然の流れだ。
だがそれと同時にアニキが訴えたANNAに関しても、地裁はアニキの言い分を認め、甲斐氏に33万円の請求の判決を下した。これには驚いた。

あくまでアニキとは別の人物像の歌だという甲斐氏のいわけは通用しなかったのだ。こういう判断が下ると、例えば週刊誌などに載る風刺画や、有名人の噂や事件などを揶揄する文章など、そういったきわどく攻めるのが売りの作品もヤバイのか?と思ってしまう。
表現の自由、言論の自由が制約されてしまうのではないのか?

まあ今回は地裁の判断ということだし、甲斐氏は控訴するようだし。高裁の判断が楽しみだ。