ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

おっさんだって綺麗になれる-ゼファルリン26日

2016-01-29

ゼファルリン26日目のペニス
ペニスの全長11.9㌢
亀頭の周長11.8㌢

「トンカットアリエキス末」が今日調べる物質となるのだが…これはもしかして蟻なのか?確かに漢方で蟻はそこそこ使われていたり、どこかの国の人は蟻を平気で食べていたりするくらいだから、驚くことではないのかもしれないが果たして…

トンカットアリはマレーシアなどの熱帯雨林に生えている植物だ。よかった、蟻ではなかった。主成分にグリコサポニン、ユリペプチド、カシノイド、アルカロイド、ステロール、テルペノイドを有する。アルカロイドは昨日調べたキャッツクロー末で学んだ、リウマチに効くというやつだ。
マレー半島の民族の中には、伝統的にトンカットアリを煎じて飲んでいる民族があるらしく、彼等の家族は10人以上の大家族が多いのだとか。これはトンカットアリが男性向け強壮剤として利用されているからなのか、それとも他にやることがないからなのか。

どちらにしても、トンカットアリが男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌を促進する作用があり、男性機能や性的興奮を向上させる働きがある。
また、女性が摂取することにより女性ホルモンの分泌が促進される作用があり、更年期なので女性ホルモンが低下し、PMSなどの症状が出ている女性の症状改善にも役立つそうだ。さらに解熱作用、腫瘍や傷の治癒、梅毒の改善、血流改善の作用まであるようだ。かなり幅広い効果に驚かされる。

テストステロンの増加と、血流改善効果がトンカットアリにあるため、ペニス増大サプリであるゼファルリンに使用されるのは当然といったことなのかもしれない。

おっさんだって綺麗になれる

おっさんだって綺麗になれる

昨日書こうと思っていたのだが、男児の悲しい事件があったので今日になってしまった。

ビジュアル系バンドのアイヲロストのドラム高田信太朗容疑者34歳が、17歳の女子高生に複数の相手と性交させたとして、児童福祉法違反の容疑で逮捕された事件、テレビを見て衝撃を受けた。

男女問わずメイクの技術とはすごいものだ。逮捕時のあの顔と、バンドとしてがっちりメイクを施している顔とのギャップがすごい。逮捕時の顔なんてただのオッサンでしかないのに、メイクすればDAIGOにも似ている雰囲気に仕上がるのだから。

この事件について、俺は高田容疑者に少々の同情心がある。
というのも、この事件で被害にあった17歳の少女と高田容疑者との関係の経緯。きっかけはビジュアル系バンドとファンの交流サイト。
アイドル志望だった少女が、高田容疑者の「アイドルの面接が受けられる。バンドの関係者と会える」といって乱交パーティーに誘い出した。今回の被害者である少女がこのパーティーに参加した回数は5回とされ、繰り返し参加した理由は、写真を撮られていたからだという。

卑劣極まりない高田容疑者の手口。
しかし、この事件は高田容疑者だけが全面的に責められるような事件だろうか?

そもそも、アイドル志望であった少女。
彼女が1回目のパーティーに参加した際、それが乱交パーティーだと知っていたのかどうか。もしこれを知っていたとすれば、ハッキリ言って擁護のしようがない。
乱パに参加したくて参加したのか、アイドルになるための枕営業と思って参加したかのどちらかだ。
自らの意思、そして夢という欲望のために参加し、実際は何の見返りもなかったことからブチ切れて被害者面をしているということになり、クソ女の典型だ。

彼女が乱パだと知らなかった場合。
普通のパーティーだと思い、参加したということになるのだが、いつしかそのパーティーは淫らな雰囲気になっていき、あれよあれよと言うまに乱交へ。
乱交になる前に、自分の意思で逃げることはできなかったのだろうか。もし彼女が拒否をし、逃げようとした彼女を強引に乱交させたとしたなら、逮捕されるのは高田容疑者だけでなく、乱交した人物も集団強姦で逮捕のはずだ。

少なくとも現段階で逮捕されているのは高田容疑者のみ。
しかも強姦や暴行、監禁といった容疑は一切出ていないところから考えると、彼女は同意の上で乱パに参加したと考えるのが自然か。

2回目以降のパーティーに関しても、写真を撮られていたからという彼女の証言はあるものの、おそらくアイドルになるためと思いその後も枕営業をしていたつもりであったと推測できる。
そうでなければわざわざ5回も参加してから警察に泣きつく必要はなく、もっと早い段階で行動できただろう。

なにより、17歳にもなってパーティーに出席すればアイドルになれるかもなんていう発想が幼稚だ。さらに男の性欲を知っていて当たり前の年にもかかわらず、簡単に呼び出しに応じてしまうその頭の緩さ。
今回の事件は、自分の体を利用してアイドルになろうと画策した少女が、若い子とやりたいオッサン達に上手く利用された事件と言えるだろう。援助交際と似た感覚だ。ただ体の報酬がなかっただけの話。

そして捕まった理由は、単純に少女が17歳だったから。18歳になるまで待ってれば捕まることはなかったのに。
高田容疑者に同情するとともに、非常にうらやましい経験ができていいなーと思う。