ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

実の娘を虐待し、5度目の逮捕の夫婦-ゼファルリン46日

2016-02-18

ゼファルリン46日目のペニス
ペニスの全長12.4㌢
亀頭の周長11.9㌢

今日は日記を先に書いていて、胃がモヤモヤしてしまう内容だったため、気分が悪くなりゼファルリン調査は中止。久しぶりに気持ち悪い。虫とウンコはレベルが高い。

実の娘を虐待し、5度目の逮捕の夫婦

実の娘を虐待し、5度目の逮捕の夫婦

17歳の娘に30匹の金魚の死体を食べさせたとして、母親である尾形優子46歳とその内縁の夫江上孝46歳が逮捕された。

半年ほど前に自宅で娘をベッドにロープで縛り付けて、暴行したとして逮捕された母親と内縁の夫の事件は覚えているだろうか?今回金魚で逮捕されたこの2人が起こした事件だ。
これだけではなく、この2人は娘に対しての虐待行為で過去に4回、今回を含めこの半年で5回目の逮捕だ。

1度目はベットに縛りつけ暴行。
2度目はアイスと卵、嘔吐物を食べることを強要。
3度目は舌にタバコを押し付け暴行傷害。
4度目は車に監禁し暴行。
そして今回5度目が金魚を無理やり食べさせた強要。

今のところこれらの逮捕は全て去年行っていた暴行。おそらく虐待はまだまだたくさんあり、その中から証拠が出てきたものから少しずつ逮捕し、犯人等の拘束期間を延長しながら真相を暴いていくつもりなのだろう。

しかし金魚を食べさせるとは。
ユーチューバーのシバターなんかは、好き好んで人の家の金魚を捌いて食べたりしていたが。
この親はどうやって食べさせたのだろうか。
金魚は洗剤で殺したようで、踊り繰りではなさそうだ。だからといって一匹一匹捌いてあげるなんてことはしないだろうな。そうなると死んだ金魚をそのままってことだろうか。

金魚ミキサーを思い出す。
アート作品として金魚をミキサーで飼育しているのもあるようだが、俺が思うのは「赤い金魚が裂かれ叫びと蠢きと」というAV。パッケージしか見たことがないが、金魚をつかったAVで、内容の説明には「金魚をミキサーで細かく砕き」「膣内に大量の金魚を入れると」「口いっぱいに含んだ金魚を噛み砕き」など、ハイレベルな内容だ。
この監督のシリーズには金魚以外にもゴキブリやミミズなどがあり、金魚以上のレベルの高さ。

そして驚いたのが、ゴキブリをつかった作品「摧きゴキブリが淫奔に嘶き痕跡」に出演した女優・春うららは…この作品が原因で自殺。ということはなく、なんと一般男性と結婚し、AV女優を引退していた。
旦那はもちろん春うららとしての顔を知っているよう。

愛ってすごいな。

自分の嫁がAV女優ということは俺としてはそれほど大きな問題ではない。セックスなんて誰もが複数の人間としているわけだし、女なんて生き物は多かれ少なかれセックスを餌にして男から飯やブランド品なんかをたかっている側面がある。
それを職業としてやるか副業としてやるかだけの差だ。

しかしそのプレイ内容によってはなかなか受け入れがたいラインがある。
スカトロなんかもその一つ。前の男のウンコ食っていた口だと分かっていながら、キスできるますか?
まあもちろん大抵の女の口は、歴代の男のチンポをしゃぶった口ではあるが、チンポとウンコではレベルが違う。
もし仮に俺が、知らないおっさんのチンポをしゃぶるか、そのおっさんのウンコをしゃぶるかを選ばなければならないのなら、チンポをしゃぶる。ええ、よろこんで。

やっぱウンコはレベルが高い。そしてウンコと同じくらい虫もレベルが高い。
イナゴの佃煮や蜂のはちのこを食べる文化が日本にはあることを考えると、ゴキブリや芋虫やミミズやサソリなんかを食べるのと差はないという考え方も出来るのだが、俺には無理だ。
体の外側だけでなく、内側まで虫の液体をすり込まれた女体を愛せるか?

愛ってすごいね。

あ、タコはいけそう。タコに犯された女ならいける。
なんだろう、ぜんぜんタコはありだわ。やはり普段口にしている物かそうでないかがカギなのかも知れないな。
キュウリやゴーヤやナスとかなら、むしろ入れたいくらいだもんな。大根はかわいそう。

ちなみに俺は「職女。」シリーズが好き。
スーツの美女が激しく輪姦されるシーンが大好物。