ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

三中クビも結局台本-ゼファルリン56日

2016-02-28

ゼファルリン56日目のペニス
ペニスの全長12.6㌢
亀頭の周長12.0㌢

本日はこれ「クロム含有酵母」を調査。クロムといえば、親のすねをかじりながらも必死になって自分がイケている感を出すために安易にジャラジャラと使用する痛いシルバーアクセサリーのイメージしかないが、きっとそれとは別物だろう。

クロムは13種類の必須ミネラルのうちの1つで、体内ではリンパ腺や歯などに多く存在しているらしい。
一重のクロムといっても、栄養素としてのクロムや、メッキや合金として機械に使用されるクロムといったものまであり、日常生活で関連するクロムは3価クロムと6価クロムの2種類。栄養素のクロムは3価で、人工的に作られ合金などに使われるクロムは6価。6価は有毒でかなり危険な物質。発がん性もある。要注意だ。

栄養素のクロムは体内での吸収率が非常に悪く、効率を上げるにはビタミンCを同時に摂取する必要がある。しかし元々体が必要とするクロム量は極わずかであるため、欠乏症は滅多なことでは起こらないらしい。
クロムはインスリンの働きをサポートし血糖値を下げる作用があるため、糖尿病予防が期待できる。さらに脂質代謝に関与しているため、肥満防止や高血圧予防作用にも期待ができる。

ペニス増大への関与は、こうした脂質代謝によるコレステロール値減少作用によって起こる血流改善効果だと考えられる。

三中クビも結局台本

三中クビも結局台本

昨日久々にめちゃイケを見た。やはり三ちゃんがクビになるか否かが気になったからだ。
しかし番組が進むにつれからなにやらおかしなニオイ漂い始めた。そのニオイの源は三ちゃんの相方の臼杵寛くん。なぜかはこのときは分からなかったが、彼の言動からニオイがした。

そのニオイはヤラセ臭。

三ちゃんが本気で稽古をしている中、相方臼杵寛くんの本気でレギュラーを狙うという意思がかけているように思えた。それは臼杵寛くんの言動の一つ一つに本気度に欠けたものがあったからだ。
そして決定打となったのが、臼杵寛くんが三ちゃんを呼び出し、解散したいという意思と、ギガスラッシュのおねぇとコンビを組もうとしようとしたあの時だ。

お笑いグループが解散し、新たに別の人と組むということは決して珍しい話ではなく、例えばフォーリンラブのバービーは、イモトアヤコと東京ホルモン娘というコンビを組んでいたり、東京03は飯塚悟志と豊本明長がアルファルファというコンビを組んでいた中に、プラスドライバーというトリオに所属していた角田晃広が合流し、東京03となったりしている。
なので臼杵寛くんがおねぇと組むこともない話ではない。

しかしこのシーンでまず気になったのは、臼杵寛くんが三ちゃんを呼び出した居酒屋に、なぜカメラが仕込まれていたのか。色々な角度からの画があり、複数のカメラを仕込ませていたわけだが、それはいったいいつ仕込んだのか。
三ちゃんも臼杵寛くんも台本なく本気でレギュラーを目指しているさなかの出来事であれば、この店にカメラを設置しておくことは不可能なわけで、それができているということは少なくともこの場にいた誰か一名以上はが仕掛け人なのだ。

この場へは臼杵寛くんが三ちゃんを呼び出しているわけだらか、一番怪しいのはもちろん臼杵寛くんだ。
そしてこの場に呼び出されたおねぇが行った一発ギャグも不自然だった。他の客もいる店内で、あんなでかい声であんなポーズをするなんていうのは、常識的に迷惑行為にあたり、不自然だ。まるで撮影されているのを知っていてやった芸であり、周りも撮影されていることを知っているかのような対応だ。

そこでオレはまず臼杵寛くんについて調べた。
すると彼の経歴が簡単に判明した。彼は素人ではなく、よしもと所属のアイドルユニットとしてデビューを果たしている正真正銘のプロだったのだ。
そしてもう一人、ギガスラッシュのおねぇ。ギガスラッシュは吉本の養成所NSC東京の21期生を首席で卒業したコンビ。そのメンバーの一人であった。

なるほど。臼杵寛くんとおねぇが急に組むことになるなんてできすぎた話だとは思ったが、やはりそういうことだったか。首席で卒業したばっかのコンビが解散するなんて考えにくい。
そして臼杵寛くんの言動に本気度が欠けていた理由も全て一つに答えにつながる。

これは三ちゃん以外全員仕掛け人というパターンだ。つまり台本ありきのほぼヤラセ。カメラが設置してあったのもこれで説明が付く。

番組中盤にしてヤラセと分かる演出だったわけだが、三ちゃんはマジでやっているようなので最後まで番組を見続けた。
しかし、最後の最後。ネタ見せを終わり集計結果が出る直前の臼杵寛くんが言った言葉がどうしようもなかった。

「やっぱ相方の人生がかかってるんで」

アウトー!
本気でレギュラー狙っているコンビであればこんな台詞はでない。人生掛かっているのは相方だけでなく臼杵寛くんも同じだったはず。それがコンビというものだ。

そして集計結果はご存知の通り不合格。
ここまでの台本ありきを考えると、国民投票と言っておきながらも予め数字も用意してあり、三ちゃんを卒業させるための国民を巻き込んだ卒業式だったのではないかと感じる。

その他演者がこの台本を知っていたかはわからないが、少なくともスタッフは全員承知の事実であったのではないだろうか。
そもそもで考えると、素人で面白みに欠け、やれといった仕事もやらず逃げ出す三ちゃんを疎ましく思ったスタッフは、三ちゃんをリストラしたかったが、このまま辞めさせたら批判を浴びるだろうと考え、視聴者にクビを切らせるという役どころを押し付ける壮大な計画を描いたのではないだろうか。

そしてオレはまんまとそれに踊らされたわけだ。投票には参加しなかったが、最後まで番組を見ていたということは、スタッフの掌で踊っていたのと一緒だ。
あーあ。やられた。