ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

認知症患者の起こす事故・事件の責任の行方-ゼファルリン58日

2016-03-01

ゼファルリン58日目のペニス
ペニスの全長12.7㌢
亀頭の周長12.0㌢

今日で3月になり、ゼファルリンに使用されている成分調査も残すところあと6つ。しかもその中にはタブレットの方に使用されている成分と被っているものもあり、成分調査のゴールはもう近い。そんな中で今日調べるのは「イチョウ葉抽出物」。素直に考えて、銀杏ができて、東京都のシンボルマークにも使われているイチョウの葉っぱだろう。

イチョウは2億5千万年前から生えているといわれる生きた化石の樹。
樹齢も1000年以上というとんでもなく長寿の樹だそう。このイチョウの葉を青葉の時期に乾燥してアルコールで成分を抽出したものがイチョウの葉抽出物となる。

その成分はフラボノイド(ケルセチン、ケンフェロール、イムラムネチン)、ギンコライドが主。1960年代にドイツでイチョウの葉の血流改善作用が研究、医薬品として登録までされ、現在は数十カ国で医薬品登録されているが、日本はまだ。
イチョウ葉には血流改善だけでなく認知症予防、特にアルツハイマー型と脳血管性認知症の予防効果が期待されている。というもの、イチョウ葉はアルツハイマーの原因と言われる異常タンパク質アミロイド-βの蓄積を抑制する働きがあることと、脳梗塞や脳出血などが原因になる脳血管性認知症を血流改善によって予防する働きが期待できるためである。

ペニス増大への関与はギンコライド。
ギンコライドは血液を収縮させてしまうトロンボキサンA2の働きを抑制する作用があり、血管を拡張することができる。また血液を固まりやすくする血小板活性因子を抑制する働きにより、血液がドロドロになるのを予防して血流改善を起こす。さらに血液がドロドロになる原因の一つである悪玉コレステロールの酸化を抑制する働きにより、血流改善を起こす。
つまりイチョウ葉は血管を拡張するだけでなく、血液をサラサラにして血流を大幅に改善することで、ペニスの海綿体を太くする作用が期待できるということだ。

認知症患者の起こす事故・事件の責任の行方

認知症患者の起こす事故・事件の責任の行方

ずっと気になっていた裁判がようやく終わった。ずっとと言っても毎日考えるほどでもないことだったが、今後の日本国民の人生を左右するであろう判決だ。

2007年。91歳の男性が電車にはねられ死亡したことからこの事件は始まった。
死亡した男性は認知症を患っており、認知症によって徘徊したことが事故の原因だった。
被害を受けたJR東海は、死んだ認知症の男性の妻であり、要介護1の認定を受けている妻と、20年以上同居していないその長男を相手取り、裁判を起こした。

一審名古屋地裁は、JR東海の訴えを全面支持し、親子へ請求額の全額である720万円を請求。
二審名古屋高裁は、長男への請求は棄却し、妻へ359万円を請求。
そして今日の最高裁は、一審二審の判決を破棄し、JR東海の請求を棄却、親子に賠償責任がないと確定した。

この裁判が始まったころは、大企業であるJRともあろう会社が、なぜ介護老人をいたぶろうとしているのか理解に苦しんだ。
確かにJR側は大きな損害を被っただろうが、それ以上に大きな利益を得ているだろうし、こういった電車の死亡事故なんて目ずらしいものでもない。新小岩駅なんて自殺の名所と化している。JRにしてみればたかが720万だろ。しかし請求された老人にとっては、資産家なら話は別だが、一般的に首をくくる可能性だってあるほどの額だろう。

稼いでいる企業だからと言って、損害賠償請求するなというわけではないが、それくらいの優しさは欲しい。なにより元国営のJRなのだから。

しかし今日の裁判結果は今後の認知症患者が起こす事件に多少なりとも影響することになるだろう。認知症患者が他人の物を壊しても、誰も責任を負わないで良いのか。認知症患者が人を殺しても、誰も文句を言えないのか。
この裁判が仮にJRが勝っていたら、世の中の認知症患者はもれなく徘徊防止のために死ぬまで監禁生活を余儀なくされるような世の中になっていったのかもしれない。
しかしJRが負けたことにより、こんどは認知症患者が関わる事件と、その責任の所在が不明確になってしまった。

どっちの結果に転んでも、問題は山済みだ。

今気づいたのだが、そもそもなぜJR東海が介護老人を訴えたのか、その理由がようやくわかった。これはJR東海の優しさだったのだ。
認知症の旦那を一人で世話し、精も根も尽き果て、挙句の果てに愛する旦那を失い絶望しか残されていない老婆。このまま生きていてもいい事なんて一つもないかもしれないと考えたJR東海は、彼女を訴え、勝利することによって金銭的に彼女を追い詰め、早々に自ら旦那の下へ旅立てるように手伝いをしたかったのではないだろうか。
言わばこれは慈悲というものだ。人の情け。

JR東海って…ゲスだな。