ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

旦那の朝帰りと繰り返される嘘に、嫁が動き出す-ゼファルリン62日

2016-03-05

ゼファルリン62日目のペニス
ペニスの全長12.8㌢
亀頭の周長12.0㌢

このブログを始めてから何度か妹と姪がうちに泊まりに来ているが、俺がパソコンを使ってブログや成分調査をしていると、そばに寄ってきてパソコンを奪い、アンパンマンの動画を見だすのだ。
その度に作業を止めなければならず、非常に大変だった。そして今日からしばらく妹と姪がうちに泊まるため、もうめんどくさいから妹達が帰るまで通常の日記だけを書き、成分調査は休止することにした。

旦那の朝帰りと繰り返される嘘に、嫁が動き出す

旦那の朝帰りと繰り返される嘘に、嫁が動き出す

妹夫婦がこっちに引っ越してきてから約1ヶ月ほどが経った。
俺が日記に妹のことを書くときは毎回夫婦間のトラブルがあったときなのだが、今回も例に漏れることなくトラブルがあったようだ。
妹は子供を連れて家出し、うちでしばらく生活するようだ。

家出の原因は、新たに就職した会社で行われた飲み会で朝帰りをしたこと。
たったそれだけで家出してんじゃねーよと思うが、どうやら家出の原因はこれだけではないようだ。

以前までで分かっていた旦那の問題行動以外にも色々衝突はあったようなのだが、こちらに引越し、新しい職を決めるときにも一悶着あったようだ。
旦那が新たに就職した会社は残業代が支給されない。この会社の面接を受ける前に旦那は妹に「残業代は出る」と伝えていた。これは旦那の勘違いで、いざ就職してみたら残業代がありませんでした、というブラック企業の話ではなく、求人情報の時点で残業代がでなことが分かっていたのだ。

なぜそんな嘘をつく必要があったのか。
残業代が支給される場合、支給された給料を元に働いていた時間が計算できることになるが、残業代が出ない場合は、いくらでも終業時刻をごまかすことができる。
つまり仕事終わりにいくらでも寄り道ができるのだ。

妹はそこまで深くは考えてはいない。妹の怒りどころは「嘘をついたこと」なのだ。
今まで散々大きな嘘から小さな嘘まで無数につかれてきて、前回の給料使い込み問題のときに、もう嘘をつかないと約束をしたのだ。
それなのに嘘をついた。ここに怒っているのだ。
しかし、家計を考えると再び就職活動をする時間もなく、旦那の狙い通り残業代の出ない会社へ就職が決まり、働いていた。
そして飲み会があったのだが、飲み会への参加する条件として、「終電までには帰ること、帰れない場合は連絡をすること」という約束をした。

飲み会当日。
終電で帰ることが不可能になる時刻を越えても旦那からなんの連絡もなく、妹から旦那へ連絡をした。すると酔っているせいなのかとても上機嫌の旦那が楽しそうに電話に出た。
約束したことを破られたことに腹が立っている妹は、なぜ連絡をしなかったのかを旦那に尋ねたが、「あ~、ゴメンゴメ~ン」と笑いながらあしらわれ、その言葉に怒りがピークに達した妹は電話を切った。

この電話で危機感を感じ、タクシーを使ってでも帰ってくることを妹は望んでいたのだろう。
しかし現実は違い、朝になっても帰ってこなかった。
旦那は飲み会の次の日の本業は休日だが、休日は家計のために派遣アルバイトへ行くことになっている。この日も例外ではない。
ここだけ聞くと、なんと地獄の日々なんだと思うが、そもそも旦那が給料を使いこんでしまい、生活費がまったく足りくなったことが要因なので同情の余地がない。

少し話しが反れたが、つまり旦那は飲み会に行き、朝帰りをし、本来ならそのままバイトに行かなければならない状況なのだ。
なのにも関わらず、旦那はバイトを休んでしまった。そして妹は家出をし、今に至っている。

怒りの全ては「約束を破ったこと」なのだろう。
確かに夫婦生活なんていうのは多少の嘘はあったとしても、信頼関係が前提でなりたっているようなものだ。
自分の歯ブラシを便所掃除に使われていたら。
自分が働いている間に浮気されていたら。
出された料理に少量毒が毎日盛られていたら。
寝ている間に刺されたら。
信頼ができない相手と一緒に暮らすなどできるわけがない。だから妹が家出したことも当然のことなのかもしれない。

離婚。
妹は悩んでいる。子供がまだ1歳。
子供のことを考えると離婚することは勇気がいるのは分かるが、離婚を一番躊躇させているのは、自身がまだ旦那のことを好きなのだということだろう。