ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

どんなに悪くても、母親は息子をかばう-ゼファルリン69日

2016-03-12

ゼファルリン69日目のペニス
ペニスの全長12.9㌢
亀頭の周長12.1㌢

また妹と姪が家出してきたので、しばらく調査中止。

どんなに悪くても、母親は息子をかばう

どんなに悪くても、母親は息子をかばう

約一週間ほどうちに泊まっていた妹とその子供は、旦那と話し合いをすべく昨晩、自分達の家へ帰宅した。
話し合いは早朝まで続き、妹は旦那がした行動を旦那の母親へ告げ口すべく電話で話をした。
そして今回の朝帰りの件で姑から言われた言葉は「あなたも社会人になればわかるわよ」だった。

妹はそもそも旦那と同じ会社に就職していて、出産を機に退社をしている。
旦那を叱って欲しくて告げ口をした妹は、カウンターを喰らう形となり、ついにブチ切れた。どこにでもありふれている嫁姑問題が、また一つここに産み落とされた。

そして再び妹と子供はうちで生活することとなった。
家出するのはいいのだが、この状況は旦那にとってはうれしい状況なのではないだろうか。
誰に縛られることもなく飲みにいけるし、生活費は自分の分だけですむから飲みや女に使えるし。帰宅時間だって気にする必要がない。むしろ女の家でしばらく生活することさえできる。
別れる気がなさそうな妹にとって、家出は果たして良い状況なのか疑問を感じる。

しかし、1歳の子供と一緒に暮らせるというのはなかなか悪くない。
夜鳴きが酷く、寝れない日もあるが、なんやかんやで俺に懐いてくれ、大きくなったら俺と結婚するなんて言い出すんじゃないかと思うほど、一緒に楽しく遊んでくれる。
このまま離婚し、うちで一緒に暮らし、姪っ子の成長を見ていくというのも悪くない。
そのうち俺の服と一緒に洗濯しないでとか言われるんだろうな。帰りが遅くなってちょっと叱ると、うるせー!とか言われたり。すこし近づくだけで、クセーんだよ!とか言われたり。勝手に財布からお札を抜かれたり。

あー、早く出てってほしいな。