ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

ゼファルリン全原材料一覧

デキストリン

デキストリン

デキストリンは、デンプンなどを科学的や酵素的に低分子分解して得られた炭水化物(糖質)のことで、複数の栄養素を固めるときに使用する「結着剤」として活躍する。デンプンの酵素的分解…続きを見る>
ゼラチン(皮膜)

ゼラチン(被膜)

ゼラチン(被膜)は、食用動物由来のタンパク質で、動物の皮膚や骨にあるコラーゲン成分に熱を加えることによって抽出されるものだ。セリー、マシュマロなどはゼラチンが主原料。ほかにも…続きを見る>
L-シトルリン

L-シトルリン

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種。以前は医薬品としての使用しか認められなかったが法の改正により食品として利用できるようになった。通称スーパーアミノ酸。一酸化窒…続きを見る>
L-オルニチン塩酸塩

L-オルニチン塩酸塩

L-オルニチンは非必須アミノ酸の一種で、肝機能向上や疲労回復効果がある。そのオルニチンの吸収効率を上げるために付加されたものが塩酸塩。オルニチンはシトルリンと同じく、血液を通…続きを見る>
まむし末

まむし末

まむし末は漢方業界では古くから使用されている毒蛇。その毒性はハブの2~3倍という強力なもので、年間3,000人ほどがまむしに噛まれているが、その中で死亡するのは5~10人ほどでしか…続きを見る>
蜂の子FD末

蜂の子FD末

蜂の子FD末は、昔から貴重なタンパク源として食されていた蜂の幼虫をフリーズドライ製法により栄養を損なわずほぼ100%に近い状態で粉末化したもの。フリーズドライ製法は最近では高…続きを見る>
すっぽん末

すっぽん末

すっぽんはご存知の通りカメの一種。砂泥質の湖、沼なんかに出没するカメで、中国では3000年前には既に食用にしていたという記録もある。恐らくその頃から滋養強壮、精力増大効果が有…続きを見る>
有機マカ粉末

有機マカ粉末

マカはペルーのアンデス山脈に自生する植物で大根やカブの仲間に分類される。インカ帝国の時代から食されてきた歴史ある食材で、別名アンデスの女王。栄養価が非常に高いため、効率のよ…続きを見る>
亜鉛含有酵母

亜鉛含有酵母

亜鉛はタンパク質や核酸の代謝に関与するミネラルの一種。牡蠣や肉類に豊富に含まれている。体内で不足しがちな成分の一つ。酵母は亜鉛を吸収しやすくするために配合したもの。基本的に…続きを見る>
朝鮮人参末

朝鮮人参末

朝鮮人参は中国北東部から朝鮮半島にかけて自生しているウコギ科の植物の根っこを乾燥させた物。和名はオタネニンジン。その他高麗人参などとも呼ばれている古来より滋養強壮剤として薬…続きを見る>
冬虫夏草菌糸体

冬虫夏草菌糸体

冬虫夏草は蛾の幼虫に寄生して育つキノコの一種。春に卵を産み、卵から孵化した幼虫は土の中にもぐり成長をするが、このときに冬虫夏草の菌が幼虫に寄生をする。幼虫に寄生した菌は、幼…続きを見る>
ガラナ末

ガラナ末

ガラナはブラジル原産の植物で、種の部分を薬用として利用する。元々は南米に住んでいたガラニス族がガラナの種子を食べたり薬として使用していた。興奮剤や鎮静剤、整腸剤や頭痛薬とし…続きを見る>
牡蠣エキス末

牡蠣エキス末

牡蠣はビタミン、ミネラルの宝庫で海のミルクとも呼ばれる。勘違いされる牡蠣の知識に、牡蠣には毒があるからRのつかない月は食べてはダメと言われているが、牡蠣に毒はない。しかし牡…続きを見る>
田七人参末

田七人参末

田七人参は中国南部に自生するウコギ科の薬用植物で、和名はサンシチニンジン。朝鮮人参が「気」に作用するのに対し、田七人参は「血」に作用する。地元では金で買うことができないほど…続きを見る>
ローヤルゼリー末

ローヤルゼリー末

ローヤルゼリーはミツバチが体内で作る乳白色の物質。毎日2000個以上の卵を産む女王蜂のエサ。女王蜂生まれてから死ぬまで、ローヤルゼリーしか口にしない。また、ローヤルゼリーを食…続きを見る>
さけ白子抽出物

さけ白子抽出物

さけ白子抽出物は鮭の白子から抽出した物のことで、白子は精巣のこと。鮭の白子には数億の精子が蓄えられている。精子にはDNAと塩基性タンパク質が結合した核タンパクがあり、健康食品…続きを見る>
ウコン末

ウコン末

ウコンはアジアやアフリカの高温多湿な地域に自生しているショウガ科の植物。ウコンといってもその種類は約50種類もあり、それぞれが含有している成分が異なる。日本国内で使用されて…続きを見る>
ガジュッツ末

ガジュッツ末

ガジュッツはヒマラヤ原産のショウガ科の植物でガジュツと呼ぶのが一般的。そしてさらにわかりやすい別名が紫ウコン。日本で使用されている4大ウコンの1つで、屋久島や沖縄で栽培されて…続きを見る>
ブラックカラントエキス末

ブラックカラントエキス末

ブラックカラントは和名でクロフサスグリ、フランス名でカシスと呼ばれるベリー類の1つ。お菓子やお酒でよく使われている、あのカシスのことだが、似たような雰囲気のブルーベリーは全…続きを見る>
豚睾丸エキス末

豚睾丸エキス末

豚睾丸エキス末は、ブタの睾丸または別名ブタの金玉から抽出した成分で、もちろん雄ブタのもの。一般的にはあまり出回らない食材だが、豚に限らず睾丸・精巣を食すのはよくあることで、…続きを見る>
ブドウレスベラトロール

ブドウレスベラトロール

ブドウレスベラトロールは、ブドウに含まれるレスベラトロールというポリフェノールの一種。美容作用が高く、化粧品やサプリメントに多く配合されている。寿命を延ばす作用があるという…続きを見る>
クロム含有酵母

クロム含有酵母

クロムは空気中や水、そして体内に存在する必須ミネラルの一つだが、必須ミネラルの中では必要量が最小。体内では糖質、コレステロールの代謝に大きく関係する。錆びにくい特徴があるた…続きを見る>
ラカンカ末

ラカンカ末

ラカンカは中国の山岳地帯が原産地の植物で、外見はキウイに似ている。世界に流通しているラカンカの9割はこの場所。仙人の果実、不老長寿の神果とも呼ばれ、中国では古くから呼吸器、…続きを見る>
イチョウ葉抽出物

イチョウ葉抽出物

イチョウ葉抽出物は、乾燥させたイチョウの青葉をアルコールで抽出したもの。イチョウは2億5千万年前から生えていた植物。1960年代にイチョウ葉の血流改善作用が注目され研究が進み、…続きを見る>
セルロース

セルロース

セルロースは炭水化物の一種である食物繊維。炭水化物とは糖質と食物繊維の総称。なので近頃流行りの炭水化物抜きダイエットをすると、食物繊維まで抜くととなり、便秘状態になってしま…続きを見る>
ステアリン酸Ca

ステアリン酸Ca

ステアリン酸ca(ステアリン酸カルシウム)は吸湿性の高い粉体の固結防止に使われたり、化粧品やクリームの乳化剤に使用される。乳化剤は通常では混ざりにくい物(例:水と油)を混ざり…続きを見る>
L-アルギニン

L-アルギニン

アルギニンは体内で作り出すことができる非必須アミノ酸の一つ。小児の場合は不足しがちになるので必須アミノ酸に区分される。その働きは成長ホルモンやインスリンやグルカゴの分泌、血…続きを見る>
L-アスパラギン酸ナトリウム

L-アスパラギン酸ナトリウム

アスパラギン酸はアスパラガスに多く含まれているアミノ酸の一つで旨味を持っている。水に溶けにくい性質をもつため、溶けやすくするためにナトリウム塩にしたものがアスパラギン酸ナト…続きを見る>
L-リジン

L-リジン

リジンは500種類以上発見されているアミノ酸の中でも、人間の体を構成するために必須と言われる9種類の必須アミノ酸の一つ。抗体・ホルモン・酵素をつくる働きがあり、体の成長や治癒…続きを見る>
L-トリプトファン

L-トリプトファン

L-トリプトファンは必須アミノ酸の一種。必須アミノ酸とは全9種類あり、トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチ…続きを見る>
L-イソロイシン

L-イソロイシン

L-イソロイシンは必須アミノ酸の一つで、バリン、ロイシンとあわせて筋肉を構成するタンパク質BCAAと呼ばれている。筋肉強化、肝機能向上、血管の拡張、身体の成長を促進する働き、血…続きを見る>
L-ロイシン

L-ロイシン

L-ロイシンは必須アミノ酸の一種で、バリン、イソロイシンとあわせてBCAAと呼ばれている。筋肉の成長には欠かせず、9つの必須アミノ酸の中で1日に必要な量は最大であり、最も重要な…続きを見る>
L-バリン

L-バリン

L-バリンは9つある必須アミノ酸の一種で、その働きはロイシンに似ていて筋肉強化、疲労回復、成長促進、血液中の窒素量の調整を行う物質。ロイシン、イソロイシンとともにBCAAと呼ば…続きを見る>
V.B2

V.B2

V.B2はビタミンB2のこと。ビタミンB群に所属し、別名をリボフラビンという。その主な働きは炭水化物、タンパク質、脂質が体内で消化、分解、吸収されエネルギーとなる際、必ず必要と…続きを見る>
V.B6

V.B6

V.B6はビタミンB6のこと。ビタミンB群所属で別名をピリドキシンという。体内に取り入れたたんぱく質の分解しエネルギーを作り出す酵素の働きをサポートする補酵素としての役割をする…続きを見る>
V.E

V.E

V.Eは強力な抗酸化作用があるビタミンで、別名をトコフェロールという。抗酸化作用とは、酸化作用に抗う作用のことで、体内で酸化が起こると人間の体は老いていく。ここで言う老いとは…続きを見る>
シェラック

シェラック

シェラックはカメムシの仲間であるカイガラムシの分泌する栄養分と排泄物から作られる被覆物から精製した物質。排泄物という言葉に嫌悪感を抱くが、身の回りにはシェラックが使用されて…続きを見る>
還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖水飴は、トウモロコシやデンプンなどを分解して得られる水飴。トウモロコシなどのデンプンを酸や酵素で分解しすると、デキストリン、マルトース(麦芽糖)、ブドウ糖(グルコース…続きを見る>
アカガウクルア末

アカガウクルア末

アカガウクルア末は、タイなどの熱帯地方にに生えているハーブの一種で、別名ソフォン。男性の精力剤として古くから使用されていて、疲労回復、血流改善、抗ストレス作用、抗炎症作用な…続きを見る>
ムクナエキス末

ムクナエキス末

ムクナはネパールやヒマラヤ山脈などのが原産つる性の植物で、3㍍から18㍍にまで育つものもある巨大さ。その豆には豊富な栄養(タンパク質、炭水化物、脂質、ミネラル、L-ドーパ)が…続きを見る>
エゾウコギ末

エゾウコギ末

エゾウコギはウコギ科の植物で、北海道に生えているのでエゾ(蝦夷=北海道)ウコギと名づけられたが、ロシアや中国にも生えている。抗ストレス作用、疲労回復、滋養強壮、精力強化に効…続きを見る>
アムラ乾燥エキス

アムラ乾燥エキス

アムラはトウダイグサ科の木のことで、インドや台湾、中国などに生えていて日本ではインドスグリと呼ぶ。インドでは薬用として古くから使用されており、果実、種、葉、幹など、全ての部…続きを見る>
雪蓮花エキス末

雪蓮花エキス末

雪蓮花(セツレンカ)はチベット高原、横断山脈、天山山脈の3500m~5000mの高地に自生している植物で、その効能は朝鮮人参をはるかに凌駕するとされていて、中国では皇帝など…続きを見る>
ノコギリヤシ種子エキス末

ノコギリヤシ種子エキス末

ノコギリヤシはヤシ科の植物で、古くから男性の陰部に対して効果があるとして民家薬として使用されていて、ED改善、排尿障害改善、前立腺肥大改善、前立腺炎抑制、薄毛予防などの効果…続きを見る>
ボスウェリア抽出物

ボスウェリア抽出物

ボスウェリアはアフリカやインドを中心に生えている樹で、その樹脂は乳香と呼ばれるお香の原料になっている。ボスウェリアには血流を増やし、痛みや炎症を起こす免疫物質ロイコトリエン…続きを見る>
ワイルドヤムエキス末

ワイルドヤムエキス末

ワイルドヤムは、メキシコ、アメリカで採れるヤマイモ科の植物で、バストアップ効果が高いことで有名。メキシコでは古くから流産防止や受胎調整に使用されている。また、ワイルドヤムの…続きを見る>
ブドウ種子抽出物

ブドウ種子抽出物

ブドウ種子抽出物はブドウの種から採取したもの。ブドウは今から約5000年前に栽培が始まり、世界で一番古い果物とされている。ブドウ種子は、ワインなどを造る過程で捨てられてしまう…続きを見る>
黒胡椒抽出物

黒胡椒抽出物

黒胡椒(くろこしょう)は胡椒の実を完熟する前に長時間乾燥させることで出来上がる胡椒で、鋭い辛味があり肉料理に最適。味としてのスパイスという側面だけでなく、同時に摂取した栄養素…続きを見る>
メチルスルフォニルメタン

メチルスルフォニルメタン

メチルスルフォニルメタンは天然のイオウ化合物の一種で、ジメチルスルホンとも呼ばれる。メチル・スルフォニル・メタンの頭文字をとってMSMとも呼ばれている。骨や皮膚、コラーゲンな…続きを見る>
キャッツクロー末

キャッツクロー末

キャッツクローはペルーの奥地に自生するアカネ科の蔓性植物。成長すると20~30㍍ほどの高さになるが、1㌶あたり2,3本程度しか生えないため、貴重な植物とされている。葉の付け根にト…続きを見る>
トンカットアリエキス末

トンカットアリエキス末

トンカットアリは、東南アジア(インドネシア、マレーシア)の熱帯雨林に自生する植物で、現地では古くより男の滋養強壮用として使用されている。トンカットアリの影響とは断定できない…続きを見る>
スーマ(パフィア)エキス末

スーマ(パフィア)エキス末

スーマ(スマ、パフィア)はブラジルを中心に中南米に自生している植物。朝鮮人参のブラジル版ということでブラジル人参と呼ばれている。古くから現地ではすべてに効く万能薬という意味…続きを見る>
大棗抽出物

大棗抽出物

大棗とはナツメの実を乾燥させた生薬。強壮作用、鎮痛作用、滋養強壮、高血圧予防など様々な効果が期待でき、1日3個食べると歳をとらないという逸話もある。この話は栄養価が高いとこ…続きを見る>
ヒハツ抽出物

ヒハツ抽出物

ヒハツは東南アジアに自生するコショウ科の植物で、その果実はコショウに酷似した風味があるため、スパイスとして使用されている。日本においては沖縄で栽培され、島コショウの名で香辛…続きを見る>
ニーム葉エキス末

ニーム葉エキス末

ニームはインド、東南アジアで栽培されているセンダン科の植物。和名はインドセンダン。別名を「奇跡の木」という大層な名前を持つこの木の葉から抽出したものがニーム葉エキス末だ。医…続きを見る>