ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

蜂の子FD末(蜂の子フリーズドライ末)

カテゴリ:
血管拡張,アミノ酸,カプセル
蜂の子FD末

蜂の子FD末とは

蜂の子FD末は、昔から貴重なタンパク源として食されていた蜂の幼虫をフリーズドライ製法により栄養を損なわずほぼ100%に近い状態で粉末化したもの。フリーズドライ製法は最近では高級珍味、缶詰、瓶詰めなどでお目にかかる機会が増えている。
蜂の子は栄養価が非常に高いのが特徴。

一般的に蜂の子と言われているのはミツバチやスズメバチやアシナガバチなどといった蜂の幼虫やサナギのことをいう。しかしサプリメントなどで使用される蜂の幼虫は基本的に全てミツバチのオス。ミツバチの一家は1匹の女王蜂と数万の子どもで構成されているが、子どもの9割は働き蜂といわれるメスで、残り1割がオス。オスは働き蜂とは違い外で仕事をすることはなく、メスの働き蜂にエサを貰いながらセックスのことだけを考えてフラフラ出かけて行くか、家でゴロゴロするだけ。
そんなオスをメス働き蜂は疎ましく思い、羽をかじられたり、追い掛け回されたりと散々な扱いを受ける。もともと寿命が2ヶ月もないのだが、繁殖期に上手に童貞を卒業できたオス蜂は、童貞を卒業した瞬間にペニスがもげ、そのまま絶命する。
繁殖期が終わっても童貞を卒業できず生き延びたオス蜂はその存在価値がなくなってしまい、家に戻ると邪魔者扱いされ、エサも与えられずにそのまま死ぬか、メス働き蜂によって家を追い出され死ぬ。
腹上死か餓死か集団暴行致死かの選択しかないのがオス蜂。

メス蜂ははちみつやローヤルゼリーを作るため、サプリメントなどには利用価値のないオスどもを使う。オス蜂にとっては、腹上死か餓死かなどの選択以前に、強制的に人間によって命を搾取されるという強制終了。オスは辛い。

蜂の子FD末の成分

アルギニン、セレン、リジン、チロシン、ロイシン、鉄、カルシウム、カロテノイド、亜鉛、ビタミン類。

蜂の子FD末の効果

血管拡張作用
蜂の子にはアルギニンを含有している。
アルギニンは体内でシトルリンに変化するが、このときに一酸化窒素を生成する。一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、これにより血流が改善される。

精巣発育
蜂の子に含まれているセレンには男性の生殖にまつわる部分を強化する働きがあり精巣の発育、精子の形成や運動性を向上させる。
亜鉛や銅なども同じような働きがある。

アンチエイジング
蜂の子には体力増強、美肌効果、美髪効果があり、内面的にも外見的にも老化を予防する効果が期待できる。

滋養強壮
エネルギー源、筋肉、臓器、皮膚、髪などといった人間を構成するほとんどの主成分にあたるタンパク質が蜂の子には豊富に含有されている。
体を構築し、エネルギーを作り出すので滋養強壮に最適。

免疫力向上
蜂の子にはビタミン類(ビタミンC、B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、ピリドキシン、ビオチン、コリン)が含まれている。ビタミンには免疫力を高める作用がある。
抗菌作用もあるため、風邪やインフルエンザへの抵抗力が高くなる。

難聴改善
ストレスホルモンの活動を整えることにより、耳鳴り症状や苦痛を緩和すると共に、聴力を回復することが実験で分かっている。

ペニス増大への関与

蜂の子に含まれるアルギニンがペニスの毛細血管を拡張する働きがあり、海綿体を太く増大することが期待できる。また、サイズ問題だけでなく良好な精子を作り出す働きをサポートするセレン、亜鉛、銅も含有している。