ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

エゾウコギ末

カテゴリ:
血管拡張,タブレット
エゾウコギ末

エゾウコギ末とは

エゾウコギはウコギ科の植物で、北海道に生えているのでエゾ(蝦夷=北海道)ウコギと名づけられたが、ロシアや中国にも生えている。
抗ストレス作用、疲労回復、滋養強壮、精力強化に効果がある有効成分(サポニン、イソフラキシジンなど)を豊富に含有している。ウコギ科の植物は生薬として使われているものが多く、その中でも一番有名なのが高麗人参。エゾウコギは高麗人参の親戚という見かたもできる。ゼファルリンには朝鮮人参が配合されているが、これは高麗人参の別名。

旧ソ連ではエゾウコギを研究し、耐久力や抵抗力、集中力や疲労回復力などが向上することを発見した。現在は体力を必要とするスポーツ分野や宇宙飛行士などが愛用するほどのものとなっている。

エゾウコギの成分

サポニンの一つであるエレウテロシド、クロロゲン酸、イソフラキシジンなど。

エゾウコギの効果

血流改善
エゾウウコギに含まれるサポニンは毛細血管を広げ血流を改善する効果がある。
これにより血栓や冷え性などの解消効果や、心筋梗塞や脳梗塞の予防となる。

免疫力向上
エゾウコギの主成分はエレウテロサイドEで、これがβ-エンドルフィンの分泌を促進する。β-エンドルフィンは神経伝対物質の一種で、鎮痛、高揚、幸福感などの効果があり、脳内麻薬と称されることもある。そしてβ-エンドルフィンはNK細胞と結合する。NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことで、がん細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃してくれる細胞のこと。
つまりエゾウコギによって増加したβ-エンドルフィンとNK細胞が結合することによって細胞が活性化され、免疫機能が向上するということ。

疲労回復
エゾウコギによってβ-エンドルフィンが増える。β-エンドルフィンには痛みや疲労を軽減する効果がある。これにより体の回復も早まるため、持久力も上がり滋養強壮効果にも繋がる。

脳の活性化
β-エンドルフィンは神経伝達物質であるため、脳の活動を活性化する。集中力や記憶力などが向上する。

生活習慣病予防
エゾウコギの成分であるエレウテロサイドBやイソフラキシジンが血流改善の効果があるため、糖尿病・高血圧などの病気の改善や、肩こり・冷え性といった症状の予防にも効果がある。

更年期障害の改善
エゾウコギの成分であるピノレジノールとジグロコサイドが体内でエンテロラクトンに変化する。エンテロラクトンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用をする。
更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因なので、エンテロラクトンが増加することで症状の予防、改善を期待できる。

ペニス増大への関与

エゾウコギに含まれているサポニンには毛細血管を拡張する作用がある。これにより海綿体の血管が拡張され、血液を蓄える量が増え、ペニスが増大する。
また、実際にペニスを使用する行為をする際の持久力も、エゾウコギの疲労回復効果が背中を押してくれる。