ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

L-イソロイシン

カテゴリ:
血管拡張,アミノ酸,タブレット
L-イソロイシン

L-イソロイシン

L-イソロイシンは必須アミノ酸の一つで、バリン、ロイシンとあわせて筋肉を構成するタンパク質BCAAと呼ばれている。
筋肉強化、肝機能向上、血管の拡張、身体の成長を促進する働き、血糖値の上昇を抑制する働きなどさまざまなところで活躍する。

L-イソロイシンの効果

疲労回復効
イソロイシンはグルコースをグリコーゲンとして貯蔵する働きがある。
グルコースは人間が活動するときに必要なエネルギー源であり、グリコーゲンはグルコースを貯蔵しやすい形にしたものだ。グリコーゲンが不足するということは、活動のエネルギー源が不足するということ。つまりスタミナ切れとなり、人間は疲れを感じるようになる。つまりグリコーゲンが貯蔵されるということは、スタミナ切れの回避・疲労回復へとつながる。
さらにイソロイシンの血中濃度が高まるとセロトニンが抑制される。セロトニンには疲労を感じさせる作用があるため、セロトニンを抑制することによって疲れを感じにくくなる。

成長促進
イソロイシンには全身の細胞の代謝を促進する働きがある甲状腺ホルモンの分泌を促進する作用がある。細胞の代謝が促進されることにより、身長が伸びたり筋肉が成長したりする。

神経機能の正常化
イソロイシンは神経の働きを活性化する作用がある。つまり脳からの指令を末端組織に伝達しやすくなり、判断力や反射神経が研ぎ澄まされる。
ビタミンB12が欠乏することによって起こる神経障害を改善する働きがイソロイシンにはあることもわかってきていて、神経保護・改善の性質に注目が集まっている。

糖尿病予防
イソロイシンは摂取した糖質を筋肉へ取り込み、血糖値の上昇を抑制する効果があり、糖尿病予防作用が期待できる。
糖尿病は血糖値が病的に高い状態のことで、高血糖の状態が長く続くと、細い血管がダメージを受け、目の網膜や腎臓に障害が起こったり、足が壊疽したりしてしまう。イソロイシンによって血糖値の上昇が抑制されれば、糖尿病の予防となる。

美髪・美肌効果
髪の毛ほぼタンパク質の塊。そのタンパク質の80%はアミノ酸で構成されている。イソロイシンはアミノ酸の一種なので、髪の毛の元となっている。肌もタンパク質によって構成されているので、イソロイシンによって肌の健康が保たれる。

L-イソロイシン含有食材

鰹節、高野豆腐、すじこ、大豆。

ペニス増大への関与

L-イソロイシンがゼファルリンに配合されているわけは、イソロシンの血管拡張作用のためだと考えられる。血管を太くすることにより、必然的に海綿体も太くなり、ペニスが増大するという狙いだろう。また、疲労回復効果もあることから、精力剤としてペニスに関与しているともいえる。