ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

L-ロイシン

カテゴリ:
アミノ酸,タブレット
L-ロイシン

L-ロイシンとは

L-ロイシンは必須アミノ酸の一種で、バリン、イソロイシンとあわせてBCAAと呼ばれている。筋肉の成長には欠かせず、9つの必須アミノ酸の中で1日に必要な量は最大であり、最も重要なアミノ酸ともいえる。主な働きは筋肉を形成促進し、筋肉損失防止。肝臓機能強化など。

体内のロイシンが不足すると、エネルギー源となるグリコーゲンの合成が進まなくなってしまう。グリコーゲンはインスリンによってブドウ糖から合成されているので、ロイシンの不足によってグリコーゲンが減少すれば、それにつられてインスリンの分泌も減少する。インスリンが減少すると血糖値が上昇し糖尿病や腎機能低下を引き起こしてしまう。

さらにロイシンは筋肉の維持・成長に欠かせないBCAAの一種なので、不足することにより筋力低下や疲労の蓄積が起こる。しかしメープルシロップ尿症患者の場合、体内のBCAA濃度が高いため、ロイシンの摂取は痙攣や身体および精神の発育が遅延する可能性がある。

L-ロイシンの効果

筋肉強化
BCAAの中でもロイシンは特に筋肉強化と維持の性質が強い。インスリン分泌促進作用もあり、ブドウ糖を筋肉に取り込ませエネルギーにする働きを助ける。筋力そして体力を強化することにより、運動能力の上昇が期待できる。

肝機能増強
ロイシンを含むBCAAには肝臓の栄養状態の改善と肝臓の働きをサポートする働きがある。特に肝硬変患者は体内のBCAA値が低く、術後の患者にBCAAを積極的に摂取させることで、回復が早まるということが実証されている。

ストレス緩和
脳内麻薬とよばれるエンドルフィンにはストレル解消作用とモルヒネの6.5倍にあたる鎮痛作用がある。ロイシンはエンドルフィンと同様の働きをもたらすので、鎮痛効果・気分の高揚・幸福感などが得られる。

美肌・美髪効
肌や髪の毛のコンディションを保ち、滑らかに整える。髪の毛ほぼタンパク質の塊。そのタンパク質の80%はアミノ酸で構成されている。ロイシンはアミノ酸の一種なので、髪の毛の元となっている。肌もタンパク質によって構成されているので、ロイシンによって肌の健康が保たれる。

L-ロイシン含有食材

ハム、レバー、牛乳、チーズなどにロイシンは多く含まれている。
ロイシンを過剰摂取した場合、その他のアミノ酸とのバランスが崩れ、免疫力や体重が低下してしまう。ロイシンは動物性タンパク質に多く含まれていることもあり、食品からの摂取は肉類になるが、その場合タンパク質以外にも脂肪も含まれているため、過剰摂取すると脂肪も同時に溜め込んでしまう。
つまり食材でロイシンを豊富に摂取しようとすると、太るし体調が悪くなるためやめたほうがいい。

L-ロイシンのペニス増大への関与

L-ロイシンがペニス増大に関与する要素はない。ゼファルリンにL-ロイシンが配合されている理由は、BCAAとよばれるロイシン、イソロイシン、バリンのバランスを保つためだと考えられる。
イソロイシンはペニス増大に大きく関与するためゼファルリンに配合されているが、ペニス増大に関与しないロイシンを省いてしまうとBCAAのバランスが崩れ、体調不良や不健康な体重減少が起こる。それを回避するためにゼファルリンにはロイシンが配合されているものと考えられる。