ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

大棗(たいそう)抽出物

カテゴリ:
血管拡張,タブレット
大棗抽出物

大棗抽出物とは

大棗とはナツメの実を乾燥させた生薬。
強壮作用、鎮痛作用、滋養強壮、高血圧予防など様々な効果が期待でき、1日3個食べると歳をとらないという逸話もある。この話は栄養価が高いところからきている。

日常生活にもかなり身近なもので、ツムラの漢方でお馴染みの葛根湯の主成分になっていたりする。甘味があるため、以外と多くの漢方に配合されている。
だがナツメの葉には味覚の甘味だけをブロックする「ジジフィン」という成分が入っている。

大棗の成分

サポニン、ウルソール酸、オレアノール酸、食物繊維、ビタミンB類(葉酸、ナイアシンなど)、ミネラル類(カリウム、カルシウムなど)。

大棗の効果

血管拡張作用
大棗に含まれているサポニンには血管を拡張する働きがある。これにより血流改善効果が期待できる。

整腸作用
下痢症状でダメージを負った消化管を補修したり、興奮状態である腸の働きを抑制して腹痛を和らげる作用がある。

体を暖め、緊張を緩和
大棗は体を温め筋肉や神経の緊張を和らげる生薬として利用されている。これにより冷え性や消化不良、筋肉の緊張による痛みを改善する効果が期待できる。

発育、新陳代謝促進
大棗に含まれている葉酸が核酸の働きを支援する作用がある。核酸は人間が生き、成長するために必要な細胞分裂を支配してる。特に胎児や幼児には発育のために最重要な物質。
成人の場合は粘膜などの新陳代謝が早いため、葉酸が不足すると炎症が起こる。

貧血予防
葉酸には赤血球を作るために必要となる。赤血球が減少すると細胞が酸欠状態になり、動悸、息切れ、疲労立ちくらみといった貧血症状が発生する。
なので大棗は赤血球が不足するのを防ぎ、貧血の予防となる。

ペニス増大への関与

大棗に含まれるサポニンが血管を拡張し、血流を改善する働きを持っているため、これがペニス増大の鍵を握っていると考えられる。