ゼファルリンを90日間使用した男の記録と末路

V.B2(ビタミンB2)

カテゴリ:
タブレット
V.B2

V.B2とは

V.B2はビタミンB2のこと。ビタミンB群に所属し、別名をリボフラビンという。その主な働きは炭水化物、タンパク質、脂質が体内で消化、分解、吸収されエネルギーとなる際、必ず必要となるのが酵素の働きだが、ビタミンB2はこの酵素の働きをサポートする補酵素としての役割だ。炭水化物、タンパク質、脂質という三大栄養素を効率的に代謝するためにはビタミンB2は欠かせない存在である。また、皮膚や粘膜の代謝にも関与している。

ビタミンB2が欠乏してしまうと体に様々な悪影響が現れてくる。
顔周辺では口角が切れてしまう口角炎。地味に痛いやつだ。
唇が腫れてしまう口唇炎。アナゴさんになれるかもしれない。
舌が腫れる舌炎。常に気になってしょうがない。
目が腫れ赤く染まる結膜炎。他人の視線が気になってしまう。
顔や鼻に現れるニキビ。青春時代だけで十分なのに。

それ以外では粘膜に関する部分に特に症状が現れる。代表的なのは胃と肛門で、ただれまくる。逆に言えばこれらの症状が出ている場合、ビタミンB2の摂取ですぐに改善することもある。

V.B2の効果

体を作り、美肌と美髪作用
体の多くはタンパク質で作られているのだが、ビタミンB2はタンパク質の代謝をサポートするため、効率的に皮膚や髪の新陳代謝できるようになる。また粘膜を守る働きもあり、目や舌などの粘膜の健康状態が改善する。

ダイエット効果
ビタミンB2は脂質の代謝をサポートするため、脂肪を分解しエネルギーへと効率的に変換していく。つまり脂肪が体内にたまりにくくなり消費されやすくなる。ダイエット中の場合はビタミンB2が不足する傾向があるため、積極的にビタミンB2を摂取することでダイエットの成果が出やすくなる。

血流改善効果
ビタミンB2の主な働きの一つに脂肪の代謝の促進がある。
脂質は過剰に摂取されると血液中に流れ出る。そして血管の壁にへばりつき沈着する。すると血液の流れは悪くなり、動脈硬化の原因となる。
ビタミンB2は血管壁にこびりつく余分な脂質の生成を防ぎ、コレステロールを減少させる作用がある。これにより血流が改善され、成人病などの予防にも繋がる。
脂質、糖質の代謝を高めるのでダイエット効果も期待できる。

様々な病気の予防
過酸化脂質という有害物質が体内には存在している。これは動脈硬化の原因や老化の進行といった作用だけでなく、発がんのリスクも抱えている。ビタミンB2は、過酸化脂質を分解する酵素の働きをサポートするため、動脈硬化や発ガンのリスクを抑えることができる。さらに糖の代謝を促進する作用もあり、糖尿病の予防作用も期待できる。

偏頭痛の改善
最近の研究では、ビタミンB2が偏頭痛の症状を改善するという報告がある。

V.B2含有の食材

牛、鳥、豚のレバー、うなぎ、かれい、牛乳、ヨーグルト、納豆、アーモンドなどに多く含まれている。よほど無理をしない限り過剰に摂取することはなく、仮に過剰摂取してもリスクはほとんどない。
稀にかゆみや痺れが出ることがあるが、よほど無理な摂取をしない限り心配する必要はない。基本的には水に溶けやすい水溶性のビタミンなため、すぐに尿として排泄される。

ペニス増大への関与

V.B2には血流を改善し、血液をサラサラにする働きがあるため、海綿体へ流入するための血液が円滑に流れることができる。これは血管拡張作用と並んで、ペニス増大には重要なファクターとなるためゼファルリンに配合されているものと考えられる。
また、ダイエット効果も見逃せない。下腹部に脂肪がたまっている分だけペニスが脂肪に飲み込まれ、体外に出ている分のペニスが短くなってしまう。肥満体型の場合、ペニス自身を成長させなくても痩せることで本来のペニスの長さを復活させることができる。